細い髪の毛を太くする!育毛マッサージの重要性

髪を太くする理容師

 

こんにちは!!!

男のボンド藤本まさたかです。皆様の髪は元気ですか〜

髪が元気だと一日がとっても

楽しくてハッピーになれます。

 

僕らのように髪のプロでも毎日のスタイリングで善し悪しがあります。

やっぱり髪質も太くしっかりとしている方が

スタイリングの仕上がりが良くなります。

 

 

御客様の立派な髪を太くしましたよ〜嬉しいなあ〜

髪を太くする理容師

 

僕自身も25歳の時に薄毛に悩み

リーブ21さんや、育毛剤を買いあさり、悩みつづけていました。

その時の体験が今の僕の原動力になっています。

髪が細くなりボリュームが減るあの切なさ、焦り、悲しさ

痛い程わかります。

 

そして10年経つ今でも元気な髪を維持しています。

最終的に頭皮ケアがとっても大切だと実感しています

 

50代男性の育毛効果/頭皮ケアだけでここまで元気になっています

 

頭頂部の髪も元気に太くした

↓ どうです?力強い髪の毛でしょーー!

髪を太くした方法

『周りの方にもあれ??髪増えたんじゃ?』と言われるのが

今では快感になっていますね〜笑

 

では私が10年以上実践する育毛法や髪を太くする方法について

お伝えします!

 

髪を太くするマッサージ方法

 

髪の毛が細くなるのには、色々な原因があり

悪い要素がからみあって、髪が徐々に細くなり

薄毛になるのですね。

 

● 男性型の脱毛が原因

● 頭皮の活力不足

● 老化現象による薄毛

● 頭皮の血流不足

● ストレスが原因

こういった薄毛の原因で髪が細くなるのですが

 

髪を太くする為にまず実践して頂きたいのが

頭皮マッサージです。そのマッサージ方法がこちらです

 

頭皮のマッサージをする事で、頭皮を活性化させて

髪の栄養となる血流を高めて、リンパの流れを良くし

頭皮の老廃物をながして、頭皮を元気にします。

 

頭皮マッサージをしても効果がなかったという人と

私のように10年も髪を維持してる人との違いは何でしょうか?

 

頭皮マッサージで太い髪をつくる

 

では早速私と一緒に髪を太くするマッサージをおこなっていきましょう!!!

 

1、先ず頭皮や髪の汚れを分解し清潔にする為にシャンプーしていきましょう。

頭皮や手が汚れている状態で頭皮マッサージすると、ダメージがでて逆効果になったり

炎症が生じたりしますからね。

 

2、頭はおでこの前の部分は前頭筋・耳上は側頭筋、後ろの方は後頭筋

という筋肉と筋肉の膜に覆われていますが

頭のてっぺん部分には筋肉がありません。

 

筋肉があるところには、血流やリンパの流れが良くなるのですが

頭のてっぺん部分は、筋肉がなく頭皮の代謝が弱まりやすいのです。

 

ですから前頭筋や側頭筋・後頭筋を動かすマッサージで

頭のコリをほぐす事でも、髪の毛に栄養が行き渡り髪を太くする事ができます。

こちらの動画2分59秒のところから解説しております

 

3、頭のツボを刺激しながらマッサージしよう

 

頭には身体の調子を整える色々なツボがあると言われています。

こういったツボを刺激しながら

頭皮のマッサージをすると、ストレスなどで弱っている臓器が

活発になり、抜け毛の原因である血流不足やストレスからの抜け毛を軽減し

髪を太くする効果があります

 

その為に、頭を叩いたり、強くこすったりする

刺激ではなくて、気持ち良いと思えるくらいの力で

ジワっとツボを刺激して下さい。

動画でもお伝えしていますので参考にして下さい

6分48秒から開始されます。


 

4、頭皮を優しくさする・なでる

この「なでる・さする」育毛方法については

あまり知られてない、髪を太くするマッサージ方法なのですが

効果は絶大です。

 

マッサージをすればすぐに髪が増えるのではありませんが

私は10年間、このような育毛を毎日継続している事で

薄毛になった事を気づいた時から元気な髪を維持する事が出来ています。

 

あなたも是非、髪を太くするために、なでる・さする育毛を取り入れて下さい。

このマッサージ方法で、皮膚の活性化が高まり、血流も良くなり

髪を太くする事ができます

 

こちら9分8秒のところから再生します。

 

ポイントとしては、髪を乾かして水分がない状態で

マッサージを開始して下さい。

水分があると、摩る(さする)時の摩擦となって

頭皮を傷めてしまう事があるからです。

 

髪を太くする育毛剤は?

髪を太くする養毛剤としてオススメのものがあります。

髪が細くなる原因として

 

● 血流不足

● 老化現象による頭皮の衰え

● リンパの流れが悪くなる

● 男性型の脱毛

 

こういった事が原因で髪が細くなります。

私も長く愛用している養毛剤であり、お客様も使用されています。

主な成分として

 

● プラセンタ・・毛根細胞に栄養を送る

● マンダリンオレンジ果皮エキス・・血流促進

● アカヤジオウ根エキス・・男性型の脱毛を軽減

● アデノシン三リン酸二Na・・育毛効果

 

こういった成分がたっぷり含まれているので、髪を太くする

マッサージの前に塗布してから、ツボをおすマッサージを実践して下さい。

こちらに詳しく書いております

髪弾む養毛剤の力

Amazonからでもご購入頂けます。

 

次にこちらの方は20代の男性の産毛が元気になっています!

身体の中と頭皮ケアを実践しだしてから

2ヶ月半で早くも産毛が元気になっています!

 

細くてほぼ産毛がなかったですが

髪を太くする養毛剤 ビフォー

 

産毛が太くなってきています

髪を太くする養毛剤 アフター

 

細い髪の毛も元気に太くなりますね

さらに詳しい育毛方法はこちらから、メルマガにて公開しています。

 

細い髪の毛太くする方法

 

 

髪を太くするお薬

 

髪を太くするお薬として

一番にオススメするのが、ミノタブ (ミノキシジルシジルタブレット)です

リアップという育毛剤に含まれている主成分なのですが

この成分をお薬として服用する事で

 

いっきに髪が太くなります。

頭皮ケアで髪が増やすのがホント、バカらしくなる程の

スピードですが、頭皮ケアも大事なので、ダブルでケアする事をオススメします。

 

こちらの方は頭皮ケア+ミノタブ を服用することで
4ヶ月〜半年間で一気に髪を太くすることができました

頭頂部の髪が細くなって地肌が見えていましたが
髪の毛がなくなっていた訳でなく、1本1本が細くなって
髪と髪の隙間から地肌が見えてしまっていました。

そこでミノキシジルタブレットを服用すると、1本1本に血の流れがよくなり
栄養が行き届き、細い髪が太くなり、しっかりと髪が増えるようになったのです

 

 

半年ほどでこちらの30代の男性はミノタブ の力と頭皮ケア

のダブルで髪を増やす事が出来ています!!!

ではこのミノタブ というお薬はなぜこのように髪を太くする事ができるのでしょうか?

 

ミノタブ は発毛させるお薬ではなくて、高血圧のお薬でして

血管を拡張してくれます

血流が改善されて、頭皮ヘの栄養がいきわたるようになり

髪が太くボリュームがでるのです。

 

え?高血圧のお薬なの・・

服用するのはちょっと不安だな〜

という方にはこちらの記事を良く読んでから

服用についてはご検討下さい

ミノタブ で髪を増やしている人たち

 

低血圧の方などは服用はやめておいた方が良いでしょう。

ただ髪を増やす、太くするという意味では

ミノタブ は最強ですね。本当にいっきに髪が太くなるのが実感できます。

 

髪を太くするお薬の次に服用するのは、フィンペシア

フィンペシアで髪が太くなる

髪が太くなるミノタブ も飲み続ける事で身体への負担となりますし

ミノタブ だけに頼るのではなくて、徐々にお薬の量を減らして

適正の効果的な分量を見つけて下さいね。

 

ミノタブ はいっきに髪が増えるのですが、そのまま伸び続けるのではなくて

5センチ位のところで止まってしまうケースがよくあります。

それは何故だと思いますか?

 

髪の毛が細くなる原因

抜け毛が増えてしまう原因が

一つではないからです。

 

ですからこちらにも書いている、育毛を
実践する事が大事です

育毛方法

 

ミノタブ の次に服用するのが

こちらのフィンペシアという男性型の脱毛に効果的な

お薬です。

 

このフィンペシアはミノタブ のように

イッキに髪が増えるのではなくて

抜け毛を抑えながら徐々に髪が太くなります。

 

1年〜3年程かけて髪が増えていくのが実感できると思います。

また最初の一年は半数程の方が増えたかな?と思うくらいで

ミノタブ のように半年で髪がブワッと増えるのではありませんので

途中で諦めてしまう方もいらっしゃいますので

 

フィンペシアのこちらの記事を良く読んで参考にして

から実践してみて下さい。

途中で諦めると非常にもったいないですからね。

フィンペシアで髪が太くなっている人たち

 

フィンペシアで何故髪が太くなるのか?

 

 

髪の毛は成長しようとする働きと、髪を細くさせようとする働きが
体内で綱引きをしているようなもので、

 

頭皮ケアや髪に良い食事をしていても、血流が悪くなっていると、髪への栄養が行き渡らずに
毛根が細くなってしまうのですが

 

神様はあえてハゲになるように設計した、そういった薄毛の方には先ほどのミノキシジルタブレットが効果的ですね。

 

ただし血流も良い・頭皮ケアもしている・髪に良い食事や運動もしている

こういった人でも髪は細くなることがあります。それは

AGAという男性型の脱毛になっている場合です。この脱毛にはテストステロンという男性ホルモンの影響が大きく関わっています
テストステロンは、毛根と皮脂腺にある5αリダクターゼという酵素が結びつき合ってDHT(ジヒドロテストステロン)という

より強い作用をもつ男性ホルモンに変換されて、毛根を萎縮させるようになります。

 

何故、毛根が細く萎縮されるのか?という理由は人体のメカニズムで神が備えた男性ホルモンの着火剤のようなものです。
人間は老化現象として徐々に死に向かっています。

 

いきなり死んでしまうと多くの人が迷惑になったり、準備ができなくて不便ですよね。

そこでたぶん神様は徐々に人間の生命活動を下げていくように設計してくれたのです
この低下していく状態で男性ホルモンの数値も20歳代をピークに低下していきます

 

50代になると男性ホルモンは半分以下になるとも言われています。そこで

男性ホルモンと結びつき合う、毛根部分や皮脂腺にある5αリダクターゼが結びつき合って

より強力な男性ホルモンへと変化します。テストステロンは筋肉や骨格など肉体的な部分だけでなく
性欲や精力をアップさせたり、闘争心をつくりだす源になっています。

より強力なテストステロンは、何故か毛根を萎縮させて
薄毛やハゲになります。

 

たぶん神様が最初に人類を設計した時には、ある年齢になって
逞しく優秀だった、男らしい男にふさわしい・トレードマークのような?勲章のような?
男性の髪をハゲさせて、フサフサした青二才の男ではなく、一皮むけた大人の男なんだという証を授けようとして

 

「ハゲや薄毛」になる手順を設計された筈です
その考えが今の時代には古いのか?まだ皆んなが気づいていないのか?

 

時代背景にあってなくて、我々のような男の中でも素晴らしい男にだけ与えられる勲章のようなハゲ現象で

苦しまされているのです(笑)

 

毛根の根元部分の発毛に関わる毛乳頭を小さくさせて、毛母細胞という髪の成長する部分の成長を抑制させて
抜けやすい毛根になってしまい、寿命まで生え続けるはずだった髪が、成長仕切る前に細い髪のまま抜け落ちてしまうのです

 

通常はヘアサイクルという
3〜7年ほどは毛穴から生える髪の毛は抜けることなく生え続けます。
そして成長が止まり抜ける準備が始まる・退行期になり
半年間ほどの休止期という状態になり、また同じ毛穴から新しい髪が芽生えてくる。

 

というサイクルになっているのですが
AGA脱毛という男性ホルモンの影響でこのサイクルが異常な状態になり
髪が1年も経たないうちに抜けてしまうようになるのです

 

この神様がつくった勲章でもあありイタズラともとれる、「ハゲや薄毛」という状態は
現代の医療では「フィナステリド」という成分で、男性ホルモンと5αリダクターゼとの結びつきを
阻害することで血液中のDHT濃度を下げて、太い髪を生やすことができるのです。

詳しくはフィンペシアのページを参考に

 

貴方の髪を必ず元気にするメルマガ

 

悲しいかな、現在の医療では

老化や死を止める事は出来ません。

ただし、日々の心がけで健康を手に入れる事ができるように

 

好印象になり、老けた印象を減らす事が出来ます。

私どものサロンの取り組みで

薄毛になった方がたを、ちょっとでも元気にする事に成功しています。

 

 

50代男性のお客様です。

 

 

 

この方々にまず

行って頂いているのが

正しい頭皮ケアの仕方です。

 

毛穴に詰まった角質ができていたり

頭皮の角質を除去することも髪を太くする為に大事です

頭皮が炎症していたりすると

髪を太くするには炎症してはいけない

立派な髪を生やし続ける事ができません。

お客様の育毛の成果や私自身の経験から

髪を増やす方法について、メルマガにまとめてみました。

 

↓ ↓ ↓ こちらをクリック ↓ ↓ ↓

髪を元気にするノウハウ無料公開

 

↓育毛生活を始めたい方にオススメです↓

早く薄毛対策したい方はこちらがオススメです

 

 

 

記事のタイトルとURL をコピーする

 

 

記事のURL をコピーする


 

Posted: 月曜日, 11月 18th, 2019@ 10:45 PM
Categories: 育毛.
Tags: , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す