お肌の老化とストレスの関係を詳しく説明


お肌の老化とストレスの関係

 

肌は実は非常にストレスの影響を受けやすい場所です。
いつもちゃんとケアしているのになぜか肌荒れが治らない、一向に良くならない、むしろ悪くなっているという方は、もしかしたら肌ストレスが溜まっているのかもしれません。


一度生活習慣や食生活を見直してみて、思い当たることはないでしょうか。
たとえば暴飲暴食、睡眠不足だけでも肌はストレスを感じます。

 

肌はストレスを感じると活性酸素を生み出します。
活性酸素というのは細胞を酸化させる物質で、つまり、細胞がさび付いてしまうということです。

さび付いた金属を思い浮かべてほしいのですが、金属がさび付くと肌触りも悪くなりますし、動きも鈍くなりますよね。
それと同じことがあなたの肌で起こっているのです。

 

この活性酸素は紫外線でも生み出されるものですが、精神的ストレスを受けるなどしたときにも生まれるもので、血流を悪くし、リンパの流れも滞ってしまいます。

 

血流が悪くなれば肌に必要な栄養が十分に行き渡りませんので、肌を再生させるための十分なシステムが機能しません。

 

またリンパの流れが滞れば、不純物が排出されませんから、老廃物が溜まり、毒素が顔に溜まってますます肌の状態は悪くなります。

さらにストレスはホルモンバランスを見出し、キレイな肌を作り出すのに必要な女性ホルモンが十分に分泌されず、おじさんのような肌になってしまいます。
時には女性でも髭が生えてくることもあるでしょう。

 

バリア機能も低下してしまいますので、外部刺激に弱くなり、シミ、シワ、たるみ、くすみ、ニキビといった肌トラブルを招いてしまうのです。

 

 

老化を早める間違ったマッサージ方法

肌ストレスの原因

肌ストレスを解消するマッサージ 方法

お肌の老化とストレスの関係

お肌の老化を抑えるマッサージ方法

お肌が蘇るフェイスマッサージの効果

 

 

カテゴリー: お顔のマッサージ   パーマリンク