《縮毛矯正》高松市でメンズのストレートパーマをするなら


ストレートパーマでこんなお悩みはありませんか?

● 縮毛矯正をしたけど、しっかりと髪のクセが伸びてないじゃん!

● 縮毛矯正すると、髪の毛全体がペタンコになってしまう(><)

● 縮毛矯正しながらも、毛先とかは動きをだしたいんだよ!

 

こういったお悩みって、実際に癖っ毛で何年もストレートパーマを当ている人しか

感じる事が出来ない、お悩みなんですね。

施術者として何年もお客様を担当するスタイリストですら、気づかないポイントだったりします。

くせ毛の方に縮毛矯正(ストレートパーマ)をすると、毛先までピーンっと真っ直ぐにするか、
少し弱めのお薬でふんわりした弱めのストレートを当てて、ボリュームダウンさせる。

このストレート術が一般的です。

 

でも今回ご担当させてもらったお客様は

「顔まわりの根元は真っ直ぐで、毛先は動きが欲しい」

お客様のアイデアで、根元に縮毛矯正をあてて、毛先はもとのクセっ毛をそのままにして
敢えて毛先はストレートパーマをあてない!

 

ではこの根元はストレートで毛先は動かすという縮毛矯正、今までの常識を覆す
ストレートパーマ術を公開しますね!!!

 

縮毛矯正・ストレートパーマの手順

 

毛先にトリートメント!

 

1、先ずはクセ毛のカールを利用しておきたい、毛先にトリートメントを付けます。
トリートメントをつける事で縮毛矯正のお薬を根元につける時、少しだけ毛先部分にもストレートの薬剤がつきますが、トリートメントで作用を和らげる事ができました!

 


 

根元に縮毛矯正(ストレートパーマ)の薬剤を塗布する

 

2、強めの縮毛矯正の薬剤を根元〜中間につける(地肌にはつけない)事で
髪のボリュームのでるくせ毛を解消できます。


場合によっては毛先のトリートメントを付けている部分に、中間の縮毛の薬剤を
コーミングしても良いかと思います!※ 縮毛矯正(ストレートパーマ)の薬剤のダメージや効果を和らげる事ができます。

今回はコーミングしておりません。
根元〜中間は縮毛矯正のお薬
毛先はトリートメント

という具合です。


 

ストレートアイロンの170度で髪を軽ーくコーミングします

3、アイロンの温度は、髪のクセの強弱に合わせて、130〜180度で調節します。
根元〜中間部分はしっかりと縮毛矯正(ストレートパーマ)のアイロンではさんで、クセをのばします。

毛先は1回だけ軽ーくアイロンでスルーします!

 

 


 

4、縮毛矯正(ストレートパーマ)の2剤を根元近くから毛先まで付けます


 

縮毛矯正(ストレートパーマ)の出来上がり!

縮毛矯正(ストレートパーマ)をする前は、このように髪の毛全体にボリュームがでて
取集がつきませんでした(><)髪の毛全てが動いているから、モコモコになってしまう。


ですが今回の髪の中の方(根元〜中間)には
ボリュームダウンさせて、毛先には動きを残したままで

縮毛矯正(ストレートパーマ)をあてる!が見事に完成していますね!!!


髪に柔らかい動きがでつつ、ボリュームダウンしています!!!


 

ご参加&アイデアを頂きました、常連の藤本さんありがとうございました!!!

とても良い感じになりましたね!!!

 

男のボンド ストレートパーマのメニュー

 

カテゴリー: 未分類   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク