テストジェルの副作用と危険性について

テストジェルを塗ってはいけない場所

 

テストジェルの危険性と副作用についても十分に知っておいてから
使用する事が良いでしょう。

 

年齢と共に、男性ホルモンが低下し様々な悪影響があります。
日中の元気さがなくなったり、気分が憂鬱になりやすくなったり精神的な影響や

 

筋力が低下したり、骨がもろくなったり肉体的な衰えを感じたり

 

精力や性欲がなくなるケースもあります。
テストジェルを皮膚から投与する事で、このような問題を軽減したり
治す事ができます。

日本製の薬局などで販売されているものには「グローミン」があります

 

テストジェルもグローミンも効果は同じでグローミンよりもテストジェルの方が
男性ホルモンの濃度が高く、価格も安くなっているので、グローミンで試してみて
効果が良い・自分に合っているようなら、テストジェルを使用する事をお勧めします。

 

グローミンとテストジェルの比較

 

テストジェルの副作用について

 

では使用する前にテストジェルの副作用についても知っておきましょう

 

前立腺肥大症や前立腺ガンになっている人は、テストジェルを使用すると症状を促進させてしまう事が指摘されています。
また前立腺肥大症は年齢と共に高くなりやすく、50歳以上の方は増加傾向にありますので、テストジェルを使用する男性で50代以上の方は
前立腺肥大症や前立腺ガンではないかを、定期的に調べる事も重要になります。

 

前立腺肥大症は30代からなります

年齢 前立腺になるパーセンテージ
50歳 30%
60歳 60%
70歳 80%
80歳 90%

 

このように年齢と共に前立腺肥大症になるリスクは高くなります。ただし全ての方に治療が必要なわけではなく
この割合の中の4分の1程度の方が治療が必要になってくるようです。

 

前立腺肥大症になる原因はまだしっかりと解明されてないようですが
「男性ホルモン」の働きが影響している事は間違いないようで、野菜・穀物・大豆などに含まれるイソフラボノイドは前立腺の肥大の抑制効果があるとも言われています。
テストジェルを服用しながらも、健康的な食生活をする事がとても大事だと言えますね。

 

肥満・高血圧・高血糖・脂質異常症も前立腺肥大症との関係があると言われており、このような病気はEDやインポテンツ にも影響しますので
中年男性になれば、自己管理・体調管理が下半身の元気にとても影響します。

 

前立腺肥大症にはシアリス系のED薬がお勧め

ザルティア はシアリスの有効成分と同じで、前立腺肥大症に効果的です

 

前立腺肥大を抑制するザルティア という薬は、ED薬であるシアリスと同じ有効成分であり
前立腺肥大抑制しながらも、男の下半身を元気にする画期的な治療薬です。

 

中年男性になり、股間の低下が気になってテストジェルを服用したかっとしても、前立腺肥大症でテストジェルを使用出来ないという方は
シアリスジェネリックを使用する事で、前立腺の筋肉を弛緩させて尿の通りを改善し排尿障害の改善を行う事ができます。

 

シアリスジェネリックは、男性機能を低下させずに、動脈硬化を抑制し、血管年齢を若返らせてアンチエイジングの働きがある、中高年には理想的なED薬なのです。
またシアリスはバイアグラやレビトラに比べても効果が比較的長く作用しますので

 

ED薬として同じように筋肉や血管の弛緩の効果があるバイアグラ・レビトラ、よりもシアリスはアンチエイジングとしての効果は高いと言えます。
前立腺肥大症になっているのなら、シアリスジェネリックを服用する事をお勧めします

 

中年男性はシアリスジェネリックを使用するべき理由

 

前立腺肥大症の症状は、多くの場合頻尿や尿漏れや、急な尿意がありトイレまで間に合わずに漏らしてしまう事があります。
頻尿は1日に何回以上トイレにいくのか?という定義はないようですが
朝起きて寝るまでに8回以上トイレに行く方は注意が必要です、また就寝後1回以上尿意の為に
起きる場合も頻尿と考えられるようです。

 

副作用でかゆみ・かぶれがある場合

 

テストジェルを使用して、皮膚にかゆみやかぶれがある場合には使用を中止するか
他の部位に塗って様子を見なければいけません。

 

アレルギー反応がある場合や、アルコールが含まれていますので
アルコールにアレルギーがある方は使用しない方が良いでしょう。

 

テストジェルはアルコールがグローミンよりも多く含まれているので
塗布後もさらっとしてベタベタしません、逆に乾燥肌の方やアルコールが苦手なかたは
グローミンをお勧めします。ただしグローミンにもアルコールは含まれていますが

刺激は優しいものです。またグローミンには保湿させるワセリンが含まれているので、少しベタつきがあります。

 

皮膚に切り傷や荒れている部位にはテストジェルを使用すると刺激が強くなる可能性があるので注意が必要です。

 

テストジェルで抜け毛の副作用

テストステロンを補充する

テストステロンによる体毛や陰毛の発毛促進作用はあるとされています。体毛は副作用として濃くなる可能性はありますが
頭髪においては抜け毛が増える可能性もあります。

 

テストジェルを肌から塗って、薄毛・ハゲになるというものではありませんが
男性ホルモンも薄毛に影響しますので、少なからずリスクは高くなります。

また薄毛・ハゲのリスクは男性ホルモンだけでなく、頭皮の健康状態や、活性酸素・ストレス・血流不足・老化現象など
様々ですので、髪を元気にする育毛活動を行いながら、テストステロンを増やす療法をするのが良いでしょう。

 

またテストジェルを皮膚に塗る際に、出来れば体毛が薄い部分に塗る事をお勧めします。
これは副作用での抜け毛を軽減する方法となります。

 

体毛や頭髪の毛根には5αリダクターゼという酵素があり、これらとテストステロンが結び付くと
より強力な男性ホルモンDHTに変換されます。DHTは男性型の脱毛を引き起こす原因にもなっていますので
体毛がたくさんに生えている場所は避けた方が無難でしょう。

 

髪を元気にする育毛方法

 

逆にテストジェルで髪が増える例もある

 

このケースは老化現象がすすみ、男性更年期障害により育毛サイクルが衰えていた人が、テストジェルを使用し
テストステロンを補充する事で男性更年期障害が改善され、頭皮の育毛サイクルも健全になったという例です。

 

睡眠時無呼吸症候群が悪化する

 

睡眠時無呼吸症候群の人もテストジェルを使用出来ない
睡眠時無呼吸症候群は男性ホルモンによって悪化するという報告があります。テストステロンを補充するグローミンの
メーカーが行った、検査でも睡眠時無呼吸症候群の方に皮膚からテストステロンを塗布すると
睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させることになったようです。

資料はこちらを参考に

睡眠時無呼吸症候群は男性ホルモンにより症状が悪化する

 

その他にもテストジェルを使用できないケースが
重度の心臓病・腎臓病・肝臓病・高血圧またはその既往歴のある人は、テストジェルを使用出来ません
必ず医師の診察を、泌尿器科やED専門クリニックなどで受けましょう

 

テストジェルだけに頼らない・副作用を軽減する

 

ED予防や中折れ予防となる・グアバ茶で更年期障害を乗り越えろ!

 

老化現象は年々進み・股間の低下や精神的な悩みなども増えやすくなります
ですからテストジェルを効果的に使用する事はとても大事ですが、その療法だけに頼ると

服用量を増やし続けてしまう事になりますので、自力でもテストステロンを活発にさせる事が大事です
その方法は

● ストレスを溜めすぎない・ストレスはテストステロンの分泌を抑えてしまう

● 血糖値が高くならない食事や食べ方をするのも、テストステロンを少なくする

● 筋トレを行い、自らの天然のテストステロンを増やす努力をする。テストステロンは
筋肉の修復の為に分泌されますので、筋トレを日頃から行うのは非常に効果です。

 

テストステロンを自力でも分泌させる方法

 

テストジェルの購入方法

 

テストジェルの詳しいご説明

 

メデマートでテストジェルを購入・通販

 

男性機能の低下を老化現象とは諦めると危険な理由

男性機能の低下をほおって置くと危険な理由

 

テストジェルでの性機能の回復や、自力でテストステロンの分泌を促す事に
「もう年齢だから仕方ないな〜」と諦める方もいらっしゃるのですが、EDや中折れという現象を放って置くと
様々な病気の前触れを見逃す事になってしまうので、注意が必要です。

 

男性ホルモンであるテストステロンが低下すると様々な症状が現れます

1つ目は性機能障害である

ED・インポテンツ ・ムラムラした感じや性欲がなくなる

2つ目は精神障害

抑うつ・落胆・やる気がでない・不安・疲労感・記憶力の低下・集中力の低下

2つ目は身体症状

発汗・ほてり・睡眠障害・筋力の低下・骨密度の低下

 

このような症状が急激に現れるのではなく、徐々に男性ホルモンは低下していくので
本人は気づかないうちに、症状が悪化する事がよくあります。

またこれらの症状に気づかずに生活していると、他の病気を助長させたり、男性ホルモンの低下を加速・進行させる事にも繋がります
例えばうつ病になるとEDを招くと言われていますし、EDになると抑うつを招くという相関関係にあります。

 

またうつ病の薬を服用してしまった事でその副作用としてEDが強くなってしまうというケースもあります。

 

薬でEDやインポテンツ になるケース←こちらも参考にして下さい

 

泌尿器科のブログやコメントを見ていると、最初は抑うつや元気がでないという事で病院を受診したけども、話をきいているとEDも自覚していて、その悩みの方が強いという
ケースもあるようで、EDと抑うつはセットになりやすい病気だと言えます

 

仕事やコミュケーションなどが原因で強いストレスがたまり、EDになる事も多くあります。
「EDやインポテンツ は恥ずかしい病気だ」「良い歳になってまでEDの治療に行きたくない」と恥かしくて受診が遅れるケースや逆に私のように
EDとしては早すぎる年齢のせいで逆に受診をためらってしまうというケースがあります。

 

ですが、このような症状は身体からの疲れや異変のサインである事が多く
そのままの生活をしていると命に関わる病気の始まりとも言えます

 

例えば、EDや男性ホルモンの低下に関わる事でメタボリックや高血圧・高血糖・高脂血状が原因の場合もあります

 

 

また狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気を患った男性の67%は、発症の3年9ヶ月前にはEDを自覚してたという調査結果もあり、新血管疾患の男性患者の殆ど全員が
2〜3年前にはEDだったという報告もあるようです

 

ですからEDや中折れなどの股間の不調を発見した場合には、生活習慣や心血管病気を発症する可能性が高いとにらんだほうが良いと言えます。

 

また男性ホルモンが低下することでも、動脈硬化を促進させます。ペニスの血管は1〜2ミリと細い為に

 

動脈硬化がすすむと早い段階で細い血管の機能が低下するという事が考えられます。ちなみに心臓の冠動脈は直径3〜4ミリ、心臓から頭部に及ぶ血管は5〜7ミリと
太い血管ですので、動脈硬化がすすむ初期症状でEDなどになりやすく、そのまま放って置くと、脳梗塞や心疾患にも繋がる可能性が大きくあります。

テストジェルで男性ホルモンを補充しながらも、自力でテストステロンを分泌させる生活習慣にし
男性ホルモンを低下させないようにする事がとても大事ですね。

 

 

男性のアンチエイジングにも効果的なシアリスジェネリック

 

テストジェルの購入方法

 

メデマートでテストジェルを購入・通販

 

 

記事のURL をコピーする


 

投稿日: 火曜日, 12月 24th, 2019@ 12:03 PM
カテゴリー: テストジェル.
タグ: , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す