ED薬が効かなくなる原因と対処方法

お客様からED薬についてのご質問を頂戴しました。

 

「質問なのですが、急にED薬が効かなくなってくることありますか
最近、どの種類を試してもその場で寝てしまっている状態でして。以前は本当にすぐに効いていたんですが
その後で自分独りでやると効いているんですよ。。。
何か悪循環ですかね?
何か良い方法ないですかー?」

このようにご質問を頂きました。「ありがとうございます」
ED薬を服用していて、同じ分量だけ服用しているのに効き目が弱く感じるのは私の経験でもあります。
それには解消できる問題が殆どですので、下半身の低下を感じる方や
ED薬を服用されている方にも参考にしてもらいたいと思います。

ED薬の効き初めの時間を把握しよう

ED薬というのは血管を緩めて血流を良くする事で下半身への血の巡りを良くしてくれる薬です。
飲めばすぐにムラムラするものや精力を高めるものではありません。
また薬によっても効果の時間が様々なので適切な時間配分をしなければ
効果も弱くなります。
ED薬の効き初めの時間です
バイアグラ→30分〜1時間
レビトラ→30分
シアリス→2時間〜4時間
このように効き目にばらつきがあります。

ED薬の効き目が悪くなる原因

● 食事の影響が圧倒的にあります。空腹時にED薬を服用するのが一番効果的です
● 緊張やストレスがあるとED薬の効き目が弱くなります。
● 運動不足などで動脈硬化や血流が悪い状態だとED薬の効き目が悪くなります

ED薬が効かないのを即効で解消する方法

軽い筋トレやジョギングを10〜20分した後、ED薬を服用すると効果が高くなります。
(EDの薬には心臓の機能を高め、酸素摂取を向上させる効果があるという事から南米ペルーでは3000メートルを超える高地でのサッカーの試合などで勃起不全の薬を使用する事を検討していた時期もあった程です。)
食事の影響を受けない為に空腹にするのが難しいかたは是非、モーニングエッチを楽しん下さい。
朝起きて空腹時にレビトラを服用してから食事をしてエッチする事でかなり効果的に
下半身が強くなります。
朝起きてすぐにED薬を服用する場合は少し少なめに服用するように、調整するのが良いでしょう。
緊張やストレスが原因で下半身が弱くなるようなら、少量のお酒を飲んでから
ED薬を服用する事

性行為に緊張する方はスーパーPフォースがオススメです

中折れ予防に効果的なED薬スーパーPフォース
また早漏予防とED予防の同時に効果的な、スーパーPフォースを服用するのも良いでしょう
バイアグラと同じ成分と過度なストレスや緊張などでノルアドレナリンの量が過剰に分泌されているのを
調節してくれるダポキセチンという成分が含まれています。
この薬は早漏予防として開発されているのですが、性行為に対して緊張やストレスを強く感じている人にも
効果的です。

テストジェルも効果的

テストステロンを肌から吸収させるテストジェル
● ED薬は血液の流れを良くする薬なので、ムラムラ感などの精力じたいをアップさせる薬ではないので
ED薬を服用してあまり効果がないな〜と思われる方は
テストジェルなどの男性ホルモンをお肌から吸収させるもので精力を高める事も効果的です
また歳を重ねる事で下半身は低下する傾向にあるので、最初に服用していた頃よりも効き目が弱く感じるようになる事もあります
ですがすぐに副容量を増やすのではなく、自分でも改善出来るように、
運動や下半身の筋トレをしていきましょう!
記事のURL をコピーする


 

投稿日: 金曜日, 1月 1st, 2021@ 8:26 PM
カテゴリー: ED薬.
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

CAPTCHA