中年の悩みは股間力VS薄毛の悩み・貴方はどちらを選択する?

 

こんにちは勃起師マサです。

今日は私が運営するヘアサロンからのお知らせも兼ねてなのですが

中年になると「勃起力を維持する事」と「髪の毛をいつまでもフサフサにしたい」

という大きな欲求があるでしょう

股間力はやはり人生の楽しみや愛し合う事に必要なものですから、いつまでも元気でいたいですよね。

それと同じようにヘアスタイルも大事ですよね「髪の毛をいつまでもフサフサにする事で周りから若々しい印象を与える事ができる」などの
第一印象などにも影響しますよね。

 

どちらもいつまでも元気にしたいのですが

実は中年になると

薄毛VS股間力という局面がやってきます。これはどういう事か?というと

 

男性型の脱毛という、薄毛原因の一つである、男性ホルモンの影響で薄毛やハゲ状態になってしまうのですが
この症状に効くのが「フィンペシアやデュタステリド」というお薬です。

 

この薬を服用する事で男性ホルモンによる脱毛を軽減できて、服用して1年〜3年くらいで徐々に髪が増えるという
そんな中年の強い味方でもある薬なんですね。

 

ですがこの薬を服用すると、副作用で数パーセントの人に、精力低下・精液の低下・うつ病のリスクが生じます
この副作用って何かを思い出しませんか?

 

そうです。男性ホルモンが低下すると中年男性に現れる病気、更年期障害です。
この更年期障害のような副作用が生じる可能性があるのです。

 

更年期障害は50歳以上の男性に現れる症状で男性ホルモンの低下が原因です
男性ホルモンは20代をピークに減少し続けて、50代では青年期の半分ほどに低下するとも言われています。

 

男性ホルモンは、男性のやる気や性欲を高めて、血管の弾力性や血流にも影響しますので
EDになる人にも男性ホルモンの低下がみられます。

 

髪を増やそうと「フィンペシアやデュタステリド」を服用すると、股間力の低下が生じる可能性があります。

 

その逆に股間を強化しようと、「テストジェル」という男性ホルモンを肌から吸収させて
性欲向上をはかる薬を服用して、髪の毛が薄くなったり細くなる可能性があります。

 

貴方ならどうしますか?

 

私もこの問題に直面しています(><)妻には髪の毛がなくても良いよ。
と言ってもらえましたが、、、

 

薄毛VS股間力

 

は大きな問題です。私の戦いでもありますが

バージョンアップという成分があります。

私の髪の救世主になるか?こちらのページで解説しています

バージョンアップで髪が増える?

 

 

男性ホルモンを強化するテストジェルはこちら

 

 

 

 

 

記事のURL をコピーする


 

投稿日: 木曜日, 3月 5th, 2020@ 12:32 AM
カテゴリー: 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

CAPTCHA