EDと精力減退の違い・改善・精力剤とED薬で最強の股間にする

EDと精力減退の違い・改善・精力剤とED薬で最強の股間にする

 

中年男性なると

性欲はあって女性を抱こうとしてもEDや中折れが頻発し、人生が萎えてしまう方も多いでしょう。

また最近ムラムラしないな〜、女性の裸をみても興奮しないな〜と

性欲自体がない人もおられます

 

EDと精力減退との違いを知る事で、ご自分にあった中年の磨き方と対策があります。

では先ず精力について調べてみましょう。

 

辞書で「精力」を調べてみると、物事をやり抜く心身の元気。または根気やスタミナという体力的な部分と
性的な能力の二つの意味合いがあるそうです。

 

ですから「精力減退」とは身体のやる気や元気なども含めて減少していく事です。やる気や元気はあるけれど
身体がすぐに疲れてしまうという。

 

精神的な部分と肉体的な部分どちらも、精力的に活動するには大事な事ですね

 

精力剤なども販売されていますが、この精力剤は服用すればすぐに股間がピンピンになるのではなくて
男性としての力強さや日頃から疲れやすくなっている身体を、やる気ある状態にするような
成分が含まれていると考えて下さい

 

ですからED薬と精力剤とでは働きかけが違うのです。

 

また精力剤にはサプリメントや健康食品などの清涼飲料水と第一類医薬品の2種類が存在します。
もちろ医薬品の方が効果が高いと考えられますし

 

体内の栄養不足を補填するサプリメントでも症状を改善できたというケースがありますので、色々と試しながら
中年のパワーをつけていきましょう

 

精力を回復する成分にはどういったものがあるの?

精力を回復する成分にはどういったものがあるの?

先ず第一類医薬品としての成分は
テストステロン・メチルテストステロン←(こちらは合成のステロイドで誤った服用方法をすると肝疾患や動脈硬化のような重大な健康リスクがあるので注意が必要)

テストステロンは病院での補充療法として注射があるのと、薬局など医師の処方なく購入できるグローミンなどの塗り薬があります

詳しくはこちらを参考にして下さい

テストステロンを皮膚から補充する方法

 

その他に、サプリメントや健康食品の中に含まれる、精力を回復する成分をご紹介します。
健康食品なので、速攻的に効果がでるものでなく、健康的に運動や食事・睡眠をとる事で
体質を良い状態にむけるものとして考えて下さいね

 

テストステロンのように肌に塗り込む事で元気に精力が回復するというものでも
ED薬のように、服用すればすぐにペニスの硬さや勃起力が向上するものではないので
「精力剤を服用したけど効果がなかった!」と嘆かれる方もいますが、長い期間をかけて
体調を整えたり、栄養補給をするものとお考え下さいね

 

精力に効果的なオットセイ

動物のオットセイにはカロペプタイドという抹消血管を拡張させる働きがあり、ペニスへの血流の流れをスムーズにし、勃起を促す。
即効性もあるようで精力減退の初期症状におすすめです。

 

マムシで精力の効果を高める

滋養強壮効果のあるマムシは古くから漢生薬にもなっている。日中の元気が無くなっている人や、疲れてだるい時にもやる気がでてきたという口コミもありました。

スッポンで精力をつける

古代中国でも古くから滋養強壮・疲労回復・精力改善として食されてきました。スッポンは栄養価も高く亜鉛。鉄、カリウム、セレン、リン、マンガン、などの
ミネラルも多く含まれている

 

ニンニクで滋養強壮の効果


古代中国、エジプトなどでも重宝されていた、美肌効果・滋養強壮・疲労回復・免疫力アップ・ガン予防・美肌・抗酸化作用の老化予防
アリシン、アホエン、セレンなどの成分を含む

 

マカで精力を回復させる

 

ペルー原産の野菜で根に用いられている。滋養強壮・精力回復・成長ホルモンの分泌促進・免疫力強化・ホルモンバランス・血行促進

の効果があり精力剤でも多くの商品が採用している成分です

 

高麗人参(朝鮮人参)で滋養強壮

 

日本薬局方の医薬品の規格基準書にも載っている生薬成分で、疲労回復・滋養強壮・精力改善
「年齢が気になりはじめた」「朝からシャキッとしたい」「スタミナがほしい」「いつも若々しくいたい」とう方にオススメです。

 

亜鉛で精子量アップ


亜鉛は前立腺で性ホルモンの生成に関与し、高濃度に含まれている。また精子の合成にも深く関わっているので
「性ミネラル」やセックスミネラルとも言われおり、精力減退の原因にもなる男性ホルモンの低下にも関係するかもしれないと言われている
その理由が髪に含まれる亜鉛の量が多いと血中のテストステロンの量も多いという報告がなされているからだ。

 

カンフェリア・ロットンダで滋養強壮

 

ショウガ科で血流改善や身体を温める効果が期待される他、コレステロールの低下・滋養強壮・ポリフェノールが含まれる事で抗酸化作用として老化予防にも繋がる

カンフェリア・ロットンダはインドネシアのジャワ島の熱帯雨林のチーク原生林と呼ばれる場所と、強アルカリ性のカルスト大地という過酷な環境下で育つ植物です

 

 

このように各社から様々な精力減退や老化現象に効果的な成分を用いて

健康食品やサプリメントが作られています。

あくまでも栄養補給である事を忘れないで、それ以上の強い効果には期待しないで下さい。

ただし精力・スタミナをつけるには先ずは栄養素が必要なので、これらの成分を採る事も

非常に大事ですね♫

 

精力減退とEDの違い

精力減退とEDの違い

EDというのは勃起がない、勃ってもすぐに萎えてしまい、SEXを最後まで行う事が出来ない現象の事であり
その原因は動脈硬化などの血流に問題がある場合や、精力が減退してしまう事から生じます

ですからEDと精力減退の違いでいうと
精力減退はEDになる理由や要因そのものと言えます。

 

ED薬は性欲減退や精力を回復するものではなく、性的な刺激がある際に
ペニスへの血流を高めるという効果があります。

 

ですから性欲がある人で、血流が悪くなっている理由で勃起が出来ない人に効果的です。

 

性欲そのものがない人にはED薬では効果がでない場合があるのです。

 

中年男性で性欲も低下しいるし、血流不足にもなっているという人には
ED薬と先ほどご紹介した精力剤やお肌から吸収させるテストステロンを
同時に使用する事で、最強の股間を的に入れる事ができます!!!

 

精力ってなに?

精力ってなに?

先ほども言いましたが、辞書で「精力」を調べてみると、物事をやり抜く心身の元気。または根気やスタミナという体力的な部分と
性的な能力の二つの意味合いがありました。

 

精力をつくるものはこのスタミナなどエネルギーになります。
ではこのエネルギーは何かというと、全部で3つあると考えられます

 

精力減退を改善する鍵は全部で3つあります。

 

精力の栄養素とは?

精力の栄養素とは?

精力減退を改善する鍵の一つ目は

栄養です。先ほどもご紹介したような精力を高める成分もそうですが、

男性ホルモンを作る為に必要な栄養分はコレステロールです。コレステロールは動脈硬化などの理由で
悪者にされがちな成分ですが、人間の生命活動にとってはなくてはならない成分だという事も
忘れないで下さい。

テストステロンを生成する時に必要なコレステロールを含む食品
肉類・魚介類・卵類・乳製品・バターなどの油脂類

過度なダイエットも男性ホルモンを低下させる原因ですし、摂りすぎも
脂質異常や糖尿病の原因にもなるので注意が必要ですね

 

精力のホルモンとは?

 

精力をだす事ができるホルモンをご存知でしょうか?もうここまで説明していれば
お判りだと思いますが、そうです。男性ホルモンであるテストステロンです。

 

このホルモンは20代までは分泌が非常に多く、徹夜で遊んでも疲れがたまらず
一日中セック●がしたいと考えていたような時期もあった事でしょう。

 

この身体のなかから漲るパワーの源がテストステロンなのです

 

このテストステロンは筋肉や骨の成長に必要な成分でもあり、やる気や記憶力などの知的活動にも
必要なホルモンです。

 

30代頃から減少し50代では20代の頃の半分の量に激減すると言われており
このテストステロンが低下する事で、性欲がなくなったり、精力減退を感じるようになります。

 

またテストステロンが減少すると、血液の流れも悪くなりがちで動脈硬化にも影響する事から

 

ペニスの勃起にも強く影響します。EDになってしまった人はED薬と一緒に、男性ホルモンの分泌を高める生活や
皮膚からテストステロンを吸収させる事も大事ですね

 

詳しくはこちらも参考にして下さい

皮膚からテストステロンを吸収させて精力をあげる方法

 

自力でテストステロンを強化するには筋トレが有効

自力でテストステロンを強化するには筋トレが有効

テストステロンが分泌されるのはどんな時だと思いますか?

身体を強く鍛えたときなどに
筋肉痛がおこりますよね。

この現象は、筋トレによる筋肉への負荷は筋肉組織を痛めることから起こります。

この傷ついた筋肉を修復するためにテストステロンが必要になってきて
テストステロンを生成するようになります。

特に筋トレで有効なのは下半身の筋肉をトレーニングする事です。

なぜなら

成人男性の平均的な筋肉量は体重の40%と言われており
その筋肉の70%が下半身にあると言われています。

 

ですからより多くのテストステロンを分泌させて、ED予防したい方には下半身の筋トレをお勧めします。

 

もちろん筋肉量にも個人差はありますよ、また年齢によっても
筋肉の占める割合も変わります、歳とともに低下します。成人の頃に40パーセントあった筋肉量が
50代頃になると30%ほどに低下していまいます。

 

このように老化現象として色々なものの数値が低下しますが、年齢だから仕方ないと諦めるまえに
意識的に中年を磨く生活をする事で、元気な毎日と股間を手に入れる事ができますね。

 

筋トレで股間を強化する方法はこちらを参考にして下さい

 

 

テストステロンには大脳で性的興奮を
生み出す刺激物質としての働きがありますので、性欲がない人
女性の裸を見ても興奮しない人は、テストステロンが低下していると
考えて良いでしょう。

 

EDを改善する薬

 

手っ取り早く、即効性のあるED改善はやはりED薬を服用する事です。

最大の効果がありますが、血流がいっきに良くなる事から

頭痛や吐き気・動機といった症状がありますが、服用量を間違えなければ

問題なく服用できます。また併用してはいけない薬などがありますので

その点を注意して服用すると、勃起を維持できるようになり、中折れの不安がなくなるだけでなく

ペニスのサイズアップや硬さも20代の頃のようなピンピンな感じになれます

 

ED薬には様々種類がありますのでご自分にあった種類を選ぶ事をお勧めします

こちらから参考にして下さい

↓ ↓ ↓

お勧めのED薬

 

ED薬には、バイアグラ・レビトラ・シアリスと
順番に開発されそのつど改良されています。

 

バイアグラ が手軽に服用できて、勃起の硬さもペニスのサイズアップも
効果は最高級です。

効果の時間も3〜4時間と手軽に服用できて、持続性も程よくサクッと楽しみたい方にお勧めできます。

ただし、食事の影響をかなり受けるので、デート中などや外出時はバイアグラ で勃起を促すには

タイミングと少し工夫が必要ですね

バイアグラ ジェネリックではカマグラがお勧めです

 

 

レビトラはバイアグラ 並みの強さを兼ね備えて、食事の影響も受けにくいです。
初めてED薬を服用する方や、バイアグラ で食事の影響で勃たなかった方には
特にお勧めできるED薬で、効果の持続時間もバイアグラ の倍の長さがあります

レビトラジェネリックのお勧めはこちら

 

シアリスは勃起の強さや硬さは自然な硬さで
レビトラ・バイアグラ では硬くなりすぎて恥ずかしい方や、ペニスが
ピンピンになりすぎて痛いという方にお勧めできます。

 

またシアリスの効果の時間はED薬で最長の24時間〜36時間で
食事の影響も受けにくい事から海外のED薬では一番販売されているそうです

 

シアリスジェネリックでも多くの種類が販売されています

シアリスジェネリックの全て

 

 

 
読者様の精力を爆上げできるようなに新しく

「中年を磨けチャンネル!」という
LINEチャンネルを創りましたので、
一緒に下半身を鍛えていきましょう!  

→   LINEにご登録

こちらはパソコンです

PCでご登録されたい方はこちら    

こちらのLINEメルマガには  
● EDを予防する簡単で確実な方法!
● 精子を増やす方法
● 性行為の前にはテストステロンを増やすべし!
● ED薬を併用すれば1日に何回発射できる?
● グッスリ寝れて安眠効果をだす食べ物
● 活力を奪う食べ物はこれだ!
● カマグラPOLOの劇的な効果とは?
● 中年男性でもモテる男の違いとは?    

このような内容をお届けしますので、
メールでも簡単に 何でもご相談下さいね  

 

記事のURL をコピーする


 

投稿日: 日曜日, 12月 8th, 2019@ 11:44 PM
カテゴリー: ED予防と改善・克服方法, 精力剤.
タグ: , , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

CAPTCHA