高松市メンズヘアー刈り上げの7:3フェードスタイルです!

7:3スタイルやフェードスタイルが最近では流行っていますが
あまりにも、硬派なスタイルはちょっと・・

と言う方には、柔らかな質感でのフェードスタイルがあります。
0.5ミリで徐々にグラデーションをかけた、柔らかな質感です。

刈り上げ部分は0.5ミリ→1ミリ→3ミリ→4ミリ→ハサミで綺麗に仕上げる
この順番にしております。
そしてトップの部分は後ろに流しつつも、柔らかな質感や毛束も出やすいようにカットしております。
このように美しい刈り上げのグラデーションをフェードの技術を使って
作りました。スキンフェードでかなり薄くした地肌にするのが旬ですが、
「そこまで奇抜なのは会社的にも世間の視線的にも、NG!」という会社員の方や

「部下の手前あまり流行りに流されたスタイル恥ずかしい・・」
という役員クラスの方にも

こちらの7:3フェードの毛束感ある刈り上げスタイルをお勧めします
本当に素敵な刈り上げのラインと、お客様の素材の良さを
活かしきったスタイルです(笑)自分でここまで言うと
自画自賛のように感じられるかもしれません。

 
確かに私たちのような職人やアーティストには技術の天井などありません つまり100%で満足出来る事などありえません。
 
しかし!!!一つの完璧なスタイルを作る為には、
数十、数百以上の、間違ってはいけないポイントがあるのです!
それを私自身がGoProを頭につけて、カットし解説してみました!!!

 
良かったら参考にして下さい。参考にというか・・笑
ご覧ください!これが職人の技術だーーーー( ´∀`)

 

刈り上げの7:3フェードスタイル・メンズカットで上手に仕上げる方法





メンズカットの7:3スタイルのプログラムはこちら

「0:55 刈り上げ7:3フェードスタイル本編は55秒からスタートです   1:27 スピーディックの1ミリのバリカンで刈り上げをつくる   2:02 バックにバリカンを上手に入れて刈り上げをつくる 方法   2:22 バリカン3ミリで、刈り上げのラインをぼかしていきます   2:45 バリカン4ミリのアタッチメントをつけて、刈り上げの厚みのある部分をカットしています   3:45 刈り上げた後に、全体のバランスを整える為に、もう一度チョップカットでデザインします   4:13 ハサミで刈り上げ部分の調節をしています   4:59 刈り上げ部分をハサミで上手にカットする為に、コーム(櫛)の先端を少したおして運行します   5:27 7:3スタイルでもフロントを前から垂らした時の調節も必要です。360度男前に、そしてスタイルが長持ちするような工夫が大事です。   6:38 サイドの刈り上げの角がでる部分の量調整で、ここの梳き方をマスターすれば、長持ちするメンズのカット方法をつくる事ができます   8:36 バックの刈り上げ部分の量調節の仕方です。   9:58 必ずカットの途中にお客様 にスタイルの説明やご希望の長さの確認をします   10:32 0.5ミリのフェードを入れていきます   11:31 刈り上げフェード部分をハサミで微調節して色合わせをします   11:42 コームの先端部分が薄くなっているので、その部分を利用して色合わせの刈り上げをすると上手にグラデーションをつくれます   11:52 理容師の技術でもある直鋏(じかばさみ)で刈り上げ面を整えていきます   13:01 7:3スタイルの分け目をハサミでつくります   13:35 分け目をカミソリでつけてより綺麗に仕上げます   14:12 スタイリングは今回はグリースで仕上げます!付け方を解説   14:45 7:3フェード刈り上げのコームを使ったセット方法です」
 
いかがだったでしょうか?プロ以外の方がこのような動画をみて
カットの仕方のアドバイスをされても・・と正直思われたでしょう(笑)

 
良いんです。こんなにもチェック項目というか、こだわりのポイントがあるんだと!
思って頂ければ・・それだけで嬉しいんです。

 
そして、最近発売しております。髪や頭皮を元気に
育てるギブC+についてもご紹介させて下さい

 
こちらはビタミンでして、髪弾む養毛剤の後に
頭皮に使用して下さい。

 
髪弾む養毛剤は毛細分裂を活性化させたり、AGAからの脱毛のリスクから頭皮を守る成分なのですが、ギブC+はこの毛細分裂に必要なコラーゲン量を増やす働きがあります。 こちらに詳しく解説しておりますので
参考にして下さい



ギブC+の働きについて

 
 
 
カテゴリー: 未分類   パーマリンク