美容院の歴史は

結髪、美顔は昔の日本にありました。

髪を結う必要があったのです。

身分の高い人は「髪結いを仕事とする人」に頼んでいた。

身分の低い人は自分達で結っていた。


そして明治時代になり、断髪令と

明治天皇自身が断髪することで、ざんぎり頭が日常化した。


日本でのパーマの登場は、1923年にアメリカから神戸に電髪パーマの器具を輸入した説と、横浜に入ったとの説があり明らかではありません。
その後の画期的なものは昭和40年代に入ってきた、女性の髪をハサミでカットするサッスーンカットです。
僕達のカットの技術はまだまだ浅い期間の技術ですが、サスーンカットを施すヨーロッパ人の柔らかい髪質とは正反対の

日本人の剛毛な髪質をカットするのは、とっても技術がいります。

美容師法は理容師法成立より10年遅れ、昭和32年6月3日に成立した。理容師法に抱合されるかたちで美容の業務は行われていたが、昭和26年には理容師法は、理容師美容師法と改められた。しかし、当時から理容師法からの分離、独立を求める動きは美容界に強くあった。


一方、昭和20年代後半から、30年代にかけて、美容業、理容業に極端な料金競争が起こり、全国理容連盟(現・全国理容生活衛生同業組合連合会)を中心に料金の取り決めができる、独占禁止法の適用(環衛法、現・生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律)」制定を求める機運が高まり、理容師法からの独立の動きとあいまって、環衛法と同日付で美容師法は制定された。

美容師法は、もともと理容師法から分離しただけに、その内容は共通している箇所が多くある。

高松について

香川県の県庁所在地である。四国の経済の中心地で、国から中核市に指定されている。高松都市圏の中心都市である。

高松の商店街を覆うアーケードは総延長が2.7kmあり、総延長では日本一の長さを誇る。


瀬戸の都高松を中心とするこの地域は、江戸時代には、水城で知られる高松城の城下町として栄え、栗林公園など全国に誇る文化遺産が残されています。また、源平合戦で知られる屋島、崇徳上皇ゆかりの五色台など、いにしえの歴史の舞台となった地域であり、瀬戸内海の自然美と一体となった数多くの歴史的文化遺産を有しています

高松城後

海水を堀に引き入れた水城で、16世紀末期に建設された。国の史跡。月見櫓、水手御門、渡櫓などは国の重要文化財。



高松の栗林公園

江戸初期の池泉回遊式大名庭園で、天下の名園といわれる。国の特別名勝。



高松市にあります

源平合戦の舞台裏・屋島

瀬戸内海国立公園有数の景勝地。東麓には、源平合戦の「那須与一の扇の的」などのエピソードが残る檀ノ浦古戦場がある。山上の屋島寺や周辺には源平合戦に関する遺品や遺跡が残されている。





高松市の桃太郎伝説(女木島)

山頂近くに桃太郎伝説の残る大洞窟があり、港には鬼にまつわる展示館「鬼ヶ島おにの館」がある。